カテゴリ:詩( 5 )

ありがとう(前編?)

It is quietly muttered, 'Thank you' in the mind while watching the
back of you away.
You who was sure not to hear it made it to Dokitsu turning around.
It begins to walk mutually waving.
Thank you for happy time.
The mind was able to become calm by putting it with you.
It was a sense that had not been had before.

Do it say, 'Moreover' and very does do from that though it separated?
Distance that not is far the neighborhood either.
However, why do you think parting terribly?
Because it is a one-way effect, it be what?
It wants to know your feelings, and, however, it is scary.
When can you encounter it this time?
I want to encounter it early.
It settles down nearby the mind only because it is.

まだ途中ですが、載せました。
[PR]
by bleach-kiku | 2005-11-02 22:17 |

暇つぶしに書いてみました

LOST SONG

Significant one to each one.
It is arranged, and everyone is told.

I think that it has reached the mind surely though how ..each person..
to receive it is different.

I tell it as a song.
For a long time until reaching you

Even if the lost song is forgotten because it is, it only has to make
it again newly.
Let's bury the hole of the mind little by little.

I want to hear your song.
However, it is not possible to listen.
Because you are not in the next


なんか、てきとーですけど。書いてみました^^

日本語訳
[PR]
by bleach-kiku | 2005-10-09 15:52 |

こんなものですが・・・


『絆』

すれ違い 戸惑い
君と結んでいたものがほどけていく
取れない様にしっかり結んだはずなのに
ちょっとした事が すべてを無くしてしまう

たった一つの物の為に
すべて投げ捨て 突き進む
それが僕の出した答えだから

繋がりを大事にしてきた
それが大切なのも わかっていた
でも 抑えきれないんだ
この気持ちには変えられないんだ

儚い 想い
今僕に出来ることをやってみよう
結びなおす事ができるなら
それがどんなに険しくても 僕らの為に・・・

もう一個別のもの
[PR]
by bleach-kiku | 2005-07-04 16:56 |

無題

すべての時間が止まって
動き出す事はもうないのかな?


君と一緒に遊んでた日が
色々な話をして笑ってた時が
頭の中を延々とまわってる


笑った顔が好き、怒った顔も好き
君のすべてが・・・


君と来た場所を通る度
その時のことが今も甦ってくるよ
また来ようって約束したのにね・・・


もう一度君に逢えるなら
私はすべてを投げ打ってでも君を守っていくよ
それが私の唯一できることだから


逢いたい
またいっぱい話したい
この想い届くといいな


(こんな感じでいいのかな^^;)
[PR]
by bleach-kiku | 2005-05-22 19:10 |

居場所

(光さんの詩を見て自分も何か書いて見ようとおもったので書いてみました。)


一人歩く道 差し伸べてくれる数々の手

心の奥で迷い、戸惑い・・・

それでも未来を見据えて 自分の居場所を求めて歩き続ける

例えそれが茨の道であったとしても

その道を選んだのは他でもない私自身なのだから





今まで出会ってきた人達と

笑い、泣き、そしてときには怒り

それでも、楽しかった日々 戻ってこない日々

過去を見てても何もならない 歩くんだ

前へ・・・前へ・・・

私の居場所を求めて
[PR]
by bleach-kiku | 2005-05-22 17:56 |